鍵交換するなら電子錠!防犯性アップで家族も安心

住宅の防犯性を高めるには玄関ドアに電子錠がおすすめ 住宅の防犯性を高めるには玄関ドアに電子錠がおすすめ

手軽に使用できる「電子錠」

電子錠

住宅のドアで使用される鍵には様々なタイプがありますが、最近は電子錠を取り入れる方が増えてきています。ここでは住宅でよく使用される電子錠の種類と特徴をご紹介します。

住宅でよく使用されている電子錠

  • リモコンやカードなどを使用して鍵を開けるタイプ
  • 暗証番号を入力して開錠や施錠を行なうタイプ
  • 登録者の指紋を認証して鍵を操作するタイプ
  • 携帯電話やスマホで鍵を開けれるタイプ
  • 非常解除を行なうことができるタイプ

電子錠が日常生活で役立つ場面

電子錠をオートロックにすると、自動で施錠するので鍵を自分でかける必要もありません。そのため、かけ忘れもないのです。また、2階にリビングがある間取りの一戸建てで、電子錠を使えば玄関まで行かなくてもリモコンで操作することがきます。鍵に関する心配や面倒から解放される電子錠は、日常生活でとても便利に活用できる鍵と言えるでしょう。

既存の鍵と電子錠をダブルで使えば防犯効果アップ

空き巣は、玄関ドアの鍵の個数を見て、解錠に時間のかからなさそうな鍵かを判断し狙います。空き巣が最も嫌う鍵は、最新式の電子施錠です。なぜ、嫌うのかと言うとピッキングなどで鍵を解錠する作業に時間がかかるため犯行が知られてしまうというリスクが高いからでしょう。よって、玄関ドアなどには備え付けの鍵だけではなく、電子錠も取り付けておくとより防犯性が高くなります。

電子錠の注意点

電子錠

電子錠を利用するにあたって注意点は、停電時に電子錠が動作しない可能性もあることです。基本的に電気系統で作動するためこうした動作トラブルが起こります。しかし、すべての電子錠がそうなるとは限りません。そうしたことも踏まえて、使用している電子錠が停電時に影響を受けるかどうかを先に確認しておくと良いでしょう。

鍵交換で必要になる費用の目安

電子錠は機能的にほとんどデメリットが存在しませんが、防犯性が高い分複雑な構造をしているので、取り付けにかかる費用も高くなってしまいます。その為、鍵の交換をする際には事前に見積もりして費用を確認しておくと良いでしょう。

電子錠の交換に関するQ&A

鍵交換で電子錠を取り付ける費用の項目を教えてください。
オートロックシステムを設置するには、電子錠本体や取り付け費用などが掛かります。また、電子錠だけでも暗証番号式の簡易なものなら2万円前後で、最新の指紋認証式のものなら30万円以上かかるものもあるでしょう。価格の差が大きいため、前もってどのタイプにするかなど決めておくといいです。
なるべく安い金額で取り付けることはできますか?
オートロックは取り入れたいけど、コストは押さえたいという方は多くいるでしょう。そういう時には、電気配線工事の不要なタイプの鍵を取り付けることで、コストを抑えた工事を依頼することが可能です。

鍵交換にかかる費用は鍵の種類だけでなく、作業を依頼する業者によっても異なってきます。まずは複数の業者に交換の見積もりを依頼して、自分に合った電子錠と業者を選ぶようにしましょう。

TOPボタン